fabcute

Blog

縮毛矯正をした髪にデジタルパーマ 良い子は真似しちゃいけないよ~

縮毛矯正 

 

下北沢で「天然100%のヘナ」と「ピュアミング」を1番やってる

美容室です(多分笑)

 

うちのお客様はたいてい、ヘナかピュアミングで検索されてのご来店がほとんどなんですが、

今日のお客様は、ファブキュートでは珍しい、「ストレートパーマ」で初来店された方です笑

 

 

一年前の初来店時は14ヶ月前の縮毛矯正が毛先に残っていて根元の新生部のみに

矯正をかけさせていただきました。

一年かけて昔の危険ゾーンがほぼ無くなったので今回デジタルパーマで動きを出すことになりました。

あまり積極的にご紹介して来ませんでしたけど、

「条件さえ合えば!」 という条件で、させて頂きましたのでご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『見ていただきたい記事をのっけておきます。ファブキュートの大きな柱です。』

ピュアミング (全てのメニューに共通して行えるきれいな髪を作るための大切な技術です)

別バージョンです。

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

ご来店時。前回の矯正から3か月強経ってます。先のほうの明るいところは

以前にしてた「ヘアカラー」の名残。

落ち着きを優先させていたのでほぼワンレングスです。

長さは変えずに少しレイヤーを足して毛先を動かしていくようにパーマです。

 

 

 

 

いきなり出来上がりですw 先の明るいところが無くなれば完璧ですね。

パーマかけたのに、かける前よりもツヤツヤです。

「熱には、熱」 コレがとても大事なんですね。

 

 

巻いてるところと、ウェットの時。

本数は大分少ないのと、パーマの薬の作用時間が普通のデジタルパーマより

圧倒的に短くなってます。 ぱっと見で真似されて大怪我されても困るので

レシピみたいな細かいことは書きません。

とにかく「毛髪の細かい条件」 が合ったから。 ということです。

 

 

ウェットからドライしただけで次のようになります。

トリートメント以外は付いてません。

しっかり乾かすのが、ポイントと言えばポイント。

 

このまま伸ばしていっても良いですし、この長さをキープしても良いです。

因みに切らない限りはパーマはず~っとこのままです。

 

これはこの先の状態しだいなんですけど、毛先が曲がると根元のクセが

意外と気にならなくなるものなんですよね。

うまくいったら、縮毛矯正をかけなくても良くなるかも。。。。。。。。

 

そのためにも 「何もしないヘアケア」要するに・・・・・・

 

オオタキ
せんでいいことはせんでよし!を続けていきましょう!

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る