fabcute

Blog

明るくなった髪のトーンダウンはヘナがいいですよ

ヘナ 

 

こんにちは。下北沢の美容室 ファブキュートのオオタキです。

下北沢で「天然100%のヘナ」と「ピュアミング」を1番やってる

美容室です(多分笑)

 

最近、と言うか以前から多いのが

「カラーの部分を暗くして地毛に戻して行きたい」

「もう少し暗めにしたい」という方。(ここまで前回とおんなじです笑)

「ヘナ」のワードでここまでたどり着いたそうです。わざわざ横浜のほうから。

そんなこと聞いたらもちろん入りますよ、気合。

 

 

毛先20センチはストレートパーマの履歴アリ。結構な量「梳きバサミで梳かれてます」

中間部が特に明るくなってまして、ストレートの部分は沈んでます。

ストレート毛はカラーで明るくなり辛いんですね。一度高めの熱で加工してますから。

してない所とおんなじ薬剤だとどうしても差が出ちゃいます。

 

あとは中間部の「毛羽立ち」が気になりますね。すこしはヘナが入ることで落ち着くかも。

ですが、長さを切っていかないと解決しないんですよね。なので「これ以上悪くしない」方向で

頑張りましょう。

もちろん、うちのお店で一番暗く染まるヘナカラー(ナチュラルブラウン)でも一発は無理です。

そんなことをご説明させていたいて、ピュアミングから施術です。

IMG_20170511_152553

 

 

 

アフタです。

IMG_20170511_190344

とんがっていた毛先を中心になだらかな前上がりに切らせていただきました。

トーンダウンは2~3トーンくらいでしょうか。明日はもう少し沈むと思います。

 

 

サイドからのビフォア。

サイドの髪が極端に短かくて、薄いんです。

これも落ち着かない原因ですね。ご本人は「1~2センチではダメですか?」

と言うことだったんですがもう少し切らせていただきました。

IMG_20170511_152603

 

 

 

 

切らせて頂いたアフタ。

IMG_20170511_190356

不自然なサイドがなんかなじみましたね(笑)

まだまだ完璧には届きませんが、すこしづつ。です。

トーンダウンした色も明るくはなりますけど、ヘアカラーのそれとは髪の負担が雲泥です。

2ヶ月に一回、カットとヘナカラーで一年後がすごく楽しみです。

ボクが全責任をもってキレイにしますので!

 

あと、ストレートもついでに止めちゃう方向でお話させていただきました。

得意な話です。

 

「せんでいい事はせんでいい。」

浮いたお金で美味しいもん、食べてください~

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る