fabcute

Blog

ヘナカラーを使ってトーンダウン。ダメージしないんです。

ヘナ 

 

こんにちは。下北沢の美容室 ファブキュートのオオタキです。

下北沢で「天然100%のヘナ」と「ピュアミング」を1番やってる

美容室です(多分笑)

 

この度HPをリニューアル致しました。今までよりも見やすく分かりやすくなりました。

スタッフページの写真も最新です笑 ピュアミングとパーマに関しての記述も充実させて

行く予定です。

皆さんにヘアケアなどの事柄ももっとわかりやすくお知らせできればいいな~と思いますよ。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『見ていただきたい記事をのっけておきます。ファブキュートの大きな柱です。』

ピュアミング (全てのメニューに共通して行えるきれいな髪を作るための大切な技術です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

本日のお客様はまたまた

お客様
「ヘナカラーでトーンダウン(自然な髪色)にしていきたいんです」

と言うことです。

今まで散々痛めつけてきて「もういいかな」ってことでヘナにたどり着いたそうです。

カットの方もかなり軽めになりすぎていて目標のスタイルには時間が掛かりそうです。

今回はヘナカラーのトーンダウンとなりたいスタイルに向けて調整カットです。

ピュアミングにもご興味を持たれたそうなので、もろもろ参りましょうの

ビフォア。

 

 

 

 

基本的にかなりハイトーンになった髪にヘナカラーを使うと 「思ってたのと違う~」

になりがちなので、暗くすることもそうなんですが、「自然色で序々に」を選択します。

特に明るかった左サイドは更に微調整を加えます。

どっちにしても一回二回で自毛と同じにはならないので、「序々に」です。

 

 

アフタ。

 

サイドは長さが欲しかったので今回はノーカット。

ネープ(襟足)を生え癖に注意しながらしっかり目にカット。

ハイトーンで損傷の大きいところにヘナの色素が入り込んでスカスカしてるのが、だいぶ補充された感じです。

色味は3トーンくらい落ち着きましたかね。ご本人は

 

お客様
 「もっと真っ黒になっちゃうのかと思ってました。 あと髪がしっかりしたみたいです~」
オオタキ
 「あくまで治ったわけではないし、誤魔化しですから少しづつですね。」
とりあえずの目標は「ショートボブ」なんで6回(1年間)でナントカできると思います。
最後までしっかり責任を持ってさせていただけたらなぁ、って思います。

ヘナカラーでダメージさせずにトーンダウン。髪密度もアップします。

明るくなった髪色を暗い色にトーンダウンしてもすぐ明るくなってしまう。ダメージも進んでしまう。


天然100%ヘナカラーを使えばそんな心配もありませんよ。


ステキなツヤとハリコシを取り戻してください。


ページトップへ戻る