fabcute

Blog

しっとりするシャンプーはホントに良いシャンプーですかね?

ヘアケア 

 

こんにちは。下北沢の美容室 ファブキュートのオオタキです。

下北沢で「天然100%のヘナ」と「ピュアミング」を1番やってる

美容室です(多分笑)

 

最近良く見るんですが 「根元が必要以上にテカテカ艶がある人」 「根元から10センチくらいがベタッとしている人」

だいたい原因はわかってるんですけど。 ご本人は悪くないんですよ。何にも悪くない。

「しっとり」を必要以上に売りにして作ってる側の問題だと思います。

そんなお話ですよ、今回は。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『見ていただきたい記事をのっけておきます。ファブキュートの大きな柱です。』

ピュアミング (全てのメニューに共通して行えるきれいな髪を作るための大切な技術です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回のお客様はまぁ、間があいてしまいました。なんと4ヶ月笑

でもそこまでダイジョブだったと言うこともできるわけですけどw

で、久しぶりにお会いしてどうだったかと言うと・・・・・・

 

「根元の辺りに異なモノを感じる」訳です。

最近良く見る 「根元が必要以上にテカテカ艶がある人」になっておられました。。。

どうも「しっとりタイプ」のシャンプーにされたそうです。

ご本人、表面に微妙なクセ(細かめの波状と連珠毛)があって手触りが悪くて少しパサ付く。

そこで 「しっとりタイプ」が良いと思ったらしいです。

だけど下の写真です。油と言うかワックス(床の)と言うか。そんな 「ツヤ」

聞けば最近ぜんぜん乾かない! とおっしゃいます。そうでしょう、乾きませんよね。

だって髪の周りにラップ巻いてるようなもんですから。

しっかりピュアミングして、カラーして、カットで軽さを出しましょう。

 

IMG_20170426_104232

 

 

 

 

アフタ

IMG_20170426_130943

 

むじの割れとペッタリした感じが解消できました。

毛先は4~5センチ切らせていただいて少し丸みを出しました。

前回はしっかりしたボブだったので春らしくなりましたね。

根元にカラーリタッチで塗布して、ピュアミングでヘアステインを取り除いただけです。

既染部は触ってません。 いらないものを「取っただけ」です。

キレイでしょw

 

 

根元のぺったりに対して毛先はパサ付いた感じ。

IMG_20170426_104236

 

 

 

 

 

IMG_20170426_131007

軽くブローぽくしたけど何にもつけてないし、アイロンとかも無し。

「これ、ほんとにあたしですか?」って言われても「そうですよ」しか言えないですよ笑

 

どういう話だったかと言いますと、

質感調整剤(化学でも天然でも)がたっぷり入っているシャンプーで洗い続けた結果。

髪の毛に洗っても落ちない膜みたいなものがガッツリ張り付いてる(しかも洗ってるシャンプーにもツルツル成分満載)

洗ってる時の手触りがしっとりしてるシャンプーが良いシャンプー。ですか?

洗いあがりの手触りがいい方が良いですか?

それって泡をたてて洗ってるけど、取れない膜を付け続けてるだけじゃないですか?

残念なんですけど巷で売られてるシャンプーの大半がそんな感じです。

ニーズに合わせてるんでしょうけど、髪には合ってない・・・・・・・・・・。

 

本来髪は「濡れればきしむ」んです。で、乾けばきしみは無くなるんです。

必要ならトリートメントをつければいいじゃないですか。

それでシャンプーの時に落として又つければいいんです。

シャンプーは洗剤です。 

もう一回。 シャンプーは洗剤。 それは髪に栄養入れたりするもんじゃないし、出来ません。

髪の汚れを取り去るものです。

だけどTVは髪の中に「浸み込ませたくてしょうがない」みたいなんで笑

だから皆さんが悪いんじゃないんですよ。

 

何にも付いてない髪ほどキレイなものはないんだけどなぁ。

そんなCMやりませんかねHAHA

 

 

 

余談ですけど大事なヤツ。

IMG_20170426_113758

うちでやるヘアカラーはほとんどリタッチです。

リタッチは根元の伸びてるところだけに付ける技術です。

結構むつかしいんですよ。先まで付けないからカラー剤けちってる??

皆さんの髪を労わり傷ませないための技術なんです。

悪いこと言いません。

毛先まで付けないだけでず~っとキレイにカラーできますよ。

次のカラーからそうしてみてください。 

 

あと、ファブキュートでやってください笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る